ある日突然言われた…。

「鳴川さんって、ジョジョの奇妙な冒険に出てきそうだよね」

ん?それは何だ?褒められているのか?違うのか??

そこで周りにいたスタッフちゃんたちが一斉に私の方を見て
「絶対に出ていそう!!」
って言うではありませんか。

若かりし頃と違って今はマンガも見なくなったので何の事か
わかりません。
前髪をぱっつん切ったらソックリだというもので早速調べてみた。

この子か???
↓↓↓



聞くと、この子らしい(-_-;)

ストーリーもわからないので、なんとも言えないけどみんなが
そう言うので多分周りから見える私のイメージはこんな感じなのだと思う。



ちょっと意地悪そうなお顔立ちのお姉さま方が多い。
そしてみんなグラマラスだ。

メイクも濃いめだ!!

この方々の中に「鳴川美樹」というキャラクターが存在していそう
だと言われるのだ。なんじゃ、そりゃ!!

だけど、褒めてるのだと言ってくれるので、信じることにしようと
思う(≧◇≦)←単純である…。


さてさて、今回のblogだが、「慣れとは恐ろしいものだ!!」
ということをお伝えしたくて書くことにした…。

電話が鳴ると自然と受話器に手が伸びる。
笑顔になる。顔が笑顔でないと笑顔の声は出せないからだ。

毎日、何回も電話を受ける。

「お電話有難うございます。大﨑建築高知スタジオ鳴川が承ります」

慣れていますし、繰り返し使っている言葉なので何も考えなくても
すらすらと出てきます。



出てくるはずなのですが・・・

つい先日、他の資料を読みながら電話を取った時、口から出た
言葉が・・・

「お電話有難うございます。大﨑建築高知スタジオの鳴川だと思います」

(@ ̄□ ̄@;)!!

え???
電話応対の鬼?の私は今何を言ったんだ?!

ふと周りを見ると、スタッフちゃんたちが爆笑しているではないか。

今のは空耳ではない!!

確かに私の口から出た言葉である。

最悪だ!!

大変申し訳ありません…と、本来の「承ります」に言い直したが
営業目的でかけてきてくださったお相手の女性は笑いを必死に
こらえていた。時すでに遅しだった…。

例えそれが何であれ、慣れているからと違う事をしながら片手間に
物事をおこなうと、こういった失態を招く要因となってしまうという
ことを自ら示す事となってしまった。

大反省をした1日であったm(__)m

二度と繰り返さないために、あえて公の場に書かせてもらいました。
申し訳ありませんでした(´;ω;`)


大﨑建築

鳴川美樹