高知県でオシャレな注文住宅を提案しています大﨑建築の大原です(*^^)v





寒いですね。





この時期はやはりおでんですね。





前にもおでんが食べたいと書いたような気がしますが、おでんがやはり食べたいです。





おでん。





可愛らしい名前ですね。





でもふと考えてみると名称の由来がよくわかりません。





ということで調べてみました。





Wikipedia参照

「おでん」は元々、田楽を意味する女房言葉である。田楽、もしくは味噌田楽は室町時代に出現した料理で、
種を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、種を茹でた「煮込み田楽」があった。江戸時代になって
「おでん」は「煮込み田楽」を指すようになり、「田楽」は「焼き田楽」を指すようになった。





女房言葉。





よく意味がわかりませんので調べてみました。





Wikipedia参照

女房言葉(にょうぼうことば、女房詞)とは、室町時代初期頃から宮中や院に仕える女房が使い始め、
その一部は現在でも用いられる隠語
的な言葉。





なるほど。





室町からおでんおでんと呼んでいたんですね。





歴史を感じます。





出汁が染みた卵が更に食べたいと思った寒い日でした。