おうちを作る工事の時にまず始めにするのは、
そう、建物の一番下、基礎の工事です。

基礎も出来上がるとコンクリートで覆われてしまいますが、
中身はこんな感じになっています



細い棒のようなものは鉄筋です。
鉄筋を入れる間隔や太さは、ちゃんと検討して図面を作っていて
それを見ながら業者さんにつくって貰っています

見えなくなってしまう部分なので、
ミスや間違いがないかどうか、外部の検査機関に依頼して、
しっかり検査もしてもらっているんですよ(^^)



検査員の方からは、奇麗に施工出来てますね~と
お褒めの言葉を頂けることもあって、
そういう時が、現場の管理でちょっと嬉しい一コマかもしれません(^^)