まだ子どもが小さいご家庭などは、自己資金がほぼなくて当然です。

しかし、早いうちにマイホームのご購入を検討したほうが後々楽になります。
そこで今回は、住宅ローンのお話しを書いてみたいと思います。

まずは、住宅ローンを組むにあたり事前審査が必要となってきます。

住宅ローンの事前審査とは、住宅を購入する際に、
対象物件を購入できますと工務店などに証明する証となります。

証を得るため、様々な資料が必要になってきます。

では事前審査には、どのような資料が必要になるのでしょうか。

各金融機関によって、求められる書類は異なります。

本人のみの審査であったり、ご家族との連携債務だったり、
ご両親の土地に注文住宅を建てたりと審査をする人、対象物により
金融機関が求める書類が異なるため、自身で事前審査をおこなうのは非常に大変。

工務店には、住宅ローンのプロがおりますので、お気軽にご相談くださいね。

必要書類

① 本人確認をするための書類

本人確認をおこなうためには、顔写真付きの資料が必要です。
運転免許証やパスポートなどの公的証明。
外国籍の方は、在留カードが必要です。

② 会社にお勤めの方は、源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書が必要です。
自営業の方は、確定申告書3期分ならびに課税証明書が必要です。

③ 会社を経営、会社役員、親族の会社で勤務している方は、3期分の決算報告書なども
必要となってきます。

④ 年度の途中で転職をされた方、再就職などで途中入社をした方は、給与明細書の
直近1年分が必要となります。

先に書きましたように、必要な資料は銀行によって異なりますので、これらが全てではありません。

物件の確認資料としては、売買契約書、重要事項説明書、注文住宅の図面、見積書、
土地登記事項証明書、公図、地積測量図などになりますが、ご自身で事前審査を
おこなう場合は自身でこれらを用意しなくてはなりません。

正直・・・大変です。

工務店のプロに頼むのが1番楽で速いことを再度書いておきますね。

プロに頼むとスムーズに事前審査を終える事が出来るので、
お家づくりで戸惑うことも減り安心して取り組めるのです。

まずは、注文住宅の事前審査に係わらず、気になることは何なりと
平屋専門店mimiの家のスタッフにご相談下さい。

088-879-0696