ママにとっては収納などで有効活用したいスペースにもなりますよね。

狭小住宅などでお家そのもののスペースに制約がある場合などは、ロフトのメリットを
最大限にいかせるのではないでしょうか。

またロフトがあることによって、下から見た時にお部屋全体が広く感じられるのも
メリットの1つでしょう。ロフトからの下階の眺めも楽しむことができますよね。

ロフトは床面積に算入されませんので、固定資産税を抑えることができます。
※ ロフトの条件に当てはまっている場合

3階建てとはみなされず、2階の上に更に空間を設けることができるのです。
平屋でもロフトを設ける方が増えて参りました。

ここで誤解してはならないのは、固定資産税は抑えられても、ロフトを作る建築費は
かかりますので、通常の建築費よりも当然高くなります。

そして天井の高さが1.4m以下と決まっていますので、多くの方は真っすぐに立っては
いられません。どうしても圧迫感を感じやすい空間にはなります。

更に天井が屋根のように傾いている勾配天井であることが多く、部屋の暖かい空気が
上がってもくるため、非常に暑くなってしまうというデメリットもあります。

収納以外の用途で考えている場合は、換気・空間設備など暑さ対策をしっかりととって
おく必要があるでしょう。

ロフトの設置を考えられている方は、その用途を明確にし、メリット・デメリットを踏まえて
進めていくようにいたしましょう。

ロフト付きのお家に関するご質問・お悩み事、お困りごとなどございましたら、お気軽に
お問い合わせくださいね。

#高知新築住宅、#高知住宅、#工務店がつくる家、
#自由設計の家、#心地良い家、#施工事例、#マイホーム計画中の人と繋がりたい、
#無料住宅相談会、#平屋喫茶、#お家づくり、#自然素材の家づくり、
#ナチュラルスタイル、#バリアフリー住宅、#見学会開催、#無垢素材、
#モデルハウス、#建て替え、#新築注文住宅、#高知リフォーム、#高知リノベーション