ハウスメーカーとは違い、最初の入り口は狭いかもしれませんが、
デザインや間取りの自由度の高さ、人間関係を軸にした安心感など
メリットが沢山挙げられます。

仕様選択にも柔軟性があり、お引き渡し後のアフターサービスにも
機敏に対応できるのが工務店です。

お家は建ってしまったら壁の中がどうなっているのか、柱はどうなのか等
を確認することができません。

工務店では、耐震性、気密性、断熱性などをしっかりと確かめながら
お家が建つ過程を見ることができるのも利点の1つです★

各々の工務店の得意分野はホームページや資料で確認することができますが、
実際にモデルハウスの見学や構造見学会などに参加してみることをおススメします。

お家づくりは何から始めたら良いのかさっぱりわからないというのが現実です。
初めてのことですから当然ですよね。

担当してくれたスタッフとの相性もあるでしょう。
安心してお家づくりを任せられるのは、信頼関係から!!

お好みの雑貨を飾るだけでお家の中がオシャレに華やかになります

同じ方向を向いて、誠意をもって対応してくれるスタッフとの出会いが
お家づくりへの第一歩かもしれませんね。

工務店では人事異動や転勤も少ないので、地元の信頼を大切にする会社が多く、
発注者と請負人というよりも、親友のような信頼関係が成り立ち、最初から最後まで
同じ担当者が責任をもって関わりますので、そこが何よりも安心かもしれません。

また全国展開しているハウスメーカーと比べ、広告宣伝費なども抑えられるので、
そのぶんお客様に還元できる会社も多いです。

余計な経費を削減し、建物の費用をおさえる最善の努力をしています。

工務店でもハウスメーカーでも建築資材の仕様や品質に大差はないので、
工務店の建物はコストパフォーマンスに優れているのです。

他にも規格化することで合理的に大量供給するハウスメーカーの住宅では、
好みにあったデザインを採用することが難しいのが現実。

その点合理化が目的ではない工務店では、自由に希望に沿った仕様や内装、
外装、間取りまで決めていけるので、自由度が高いのです。

お引き渡し後もハウスメーカーでは別会社にアフターを依頼する体制が多く、
お施主様との関係が希薄になってしまいがちで、相談がしづらいなどの問題も
生じてしまいます。

工務店の場合は、お引き渡し後も同じ会社でアフターフォローをおこないます。

建築までのプロセスやお施主様の趣向も理解しているため、迅速に対応できるのです。

今回は工務店で建てるメリットを紹介しましたが、中にはこのコラムのメリットには
沿わない会社があるのも事実。

マイホームを建てる際には、実際に話を聞き建て物を見て、理想が実現するのか・・・。
スタッフの知識や技術的に信頼できるのか・・・。
などを見極めて、マイホームづくりを楽しんでください!!

皆さまにとって、素敵なお家が完成しますように!!